占い

タロット占いの方法や占える内容、歴史について

投稿日:

タロット占いの方法や占える内容、歴史について

タロット占いを行う際はまずタロットカードを準備します。

タロットカードは1デッキ78枚のカードで構成されていますが、タロット占いはそのうちの大アルカナと呼ばれる、占いでよく使用されるカードのみで占うこともできます。

タロット占いの基本的な構成は「シャッフル」「カット」「スプレッド」です。

シャッフル、スプレッドの方法には様々なものがあり、占い師や本によっても違いが大きいです。

実は正しい方法というものはないので、自分に合った方法で行いましょう。

タロット占いの歴史には諸説ありますが、古代エジプトやユダヤが起源であると言われています。

タロットカード自体は13世紀頃から存在していましたが、タロット占いとしてカードが使用され始めたのは19世紀に入ってからでまだ歴史が浅いです。

元々は、当時のヨーロッパ貴族の間で遊戯として使用されていたものが、時代と共にオカルト的な要素と結びつき、現在の占いに用いるタロットカードが誕生しました。

タロットカードで占えるのは現在や近い未来の状況で、長期的な未来についての占いには向いていません。

カードの意味から、近い未来に起こり得る問題への対応策を読み取ることができます。

対象については、自分と自分以外の誰かについて、個人のことや相性も占うことができます。

内容に関しては、恋愛、仕事、人間関係、金運、健康、将来など、それ以外でも様々なありとあらゆる内容に対応することができます。

-占い

Copyright© ツーショットダイヤル初心者向け講座【2021年2月版】 , 2021 All Rights Reserved.